転職から天職へ(Vol.3)~あなたが天職天命を知る日は近い~

天職は物心の豊かさ、心身の健康の元

悩みとは、苦しいものです。特に仕事についての悩みは金銭的な問題とも
深く関わりがありますし、将来の人生設計にも影響しますので、
より深刻になる場合が多いのです。

しかし、天職で生きる状態になったとき、仕事上の悩みは
解消されていく確率が高くなります。

他人や社会の問題を解決する手段をもったあなたが、それらの問題を
解決していく道。それこそが、天職に就くということです。

本当に根本的な問題解決の方法を持っているあなた、つまり天職で生きるあなたを、
多くの人が支持してくれるようになるでしょう。すると、あなたの収入面も
改善されていくのは自明の理なのです。

天職で生きることは、他人や社会のお役に立とうとするのが当たり前になることです。
「生活防衛のために、嫌でも働かなくてはならない」という守りの価値観よりも、
「自分の才能を提供させて頂く、貢献させて頂く」気持ちが先に立つようになります。

そのため、自分の仕事内容に不満が出るはずもなく、
「こんな商売をしていていいんだろうか」というような葛藤も生まれません。
葛藤がありませんから、心身ともに健康でいられます。

問題があるから、天命がわかる

現在の日本では、食、健康といった生活に直結する問題はもちろんですが、
経済、犯罪、領土など、あらゆる問題を抱えています。
むしろ問題だらけの社会であり、国としての限界点を超えつつあると言っても
過言ではないでしょう。

では、今の世の中で、あなたがすべきこととは一体何でしょうか?
今のあなたは、自分の天職に気づいていないかも知れません。
世の中のこととなると壮大すぎて、身近に感じられないかも知れません。
しかし、それでも全く問題はないのです。

問題だらけの社会で生きている中で、あなたは日々、目の前のことを
大切に生きていることでしょう。それだけで、あなたは尊い人物であり、
知らず知らずのうちに自らの天命へと引き寄せられていっているからです。

日本の社会とは、日本に住む人たちの集合体です。日本人全員が問題を
放置していたら、問題はますます大きくなって、より規模を拡大していくでしょう。
事実、私たち一人ひとりが社会問題と無関係でいることは不可能になりつつあります。

こうしてあなたは、何かしらの問題に直面せざるを得なくなるでしょう。
問題とは、全体の歪みから噴出した現象の一つです。
その一例として、あなたの前に仕事の悩みという現象が現れるのです。

問題だらけの社会にあり、仕事の悩みを抱えるのは大変辛い現実かと思います。
しかし、悩みがあなたに与えるのは、苦しみだけではありません。

別の視点から見れば、問題が表面化していない社会に住んでいたら、
あなたは天命に気づかないまま、かけがえのない人生を終えてしまうかも
知れないからです。

問題が出てきたからこそ、あなたが天命に目覚める可能性が高まります。
現代は問題が拡大していく社会ですから、これから先、時間が経てば経つほど
あなたが自分の天命を知るチャンスは増えていくのです。

あなたはごく自然に、世の中を変えていく

天命とは、あとから自分の価値観でつくるものではなく、
文字通り天から与えられた、あなただけの使命です。

これまでの生活を繰り返している間、あなたはあなたの本当の使命に、
なかなか気づくことができなかったかも知れません。
しかし、本当のあなたである真我は、あなたの天命を知っています。

YSカウンセラーは、あなたが本当のあなたに出会い、
天職天命を発見していくお手伝いをすることができます。

あなたは本当の自分、つまり真我を覆い隠し、これまでの価値観を優先した
生き方をすることで、天命に蓋をしていたことに気づかれていくでしょう。

あなたの問題とは、実は大勢の人たちと共有している問題でもあります。
あなたと社会、それは私も含めてですが、すべてつながっているからです。

つながっている世界での出来事ですから、あなたが天命と出会い、
天職に就くことで得られる結果は、あなたの問題を解決することだけに留まりません。
あなた一人の活躍が、世の中に最大級の貢献をすることになるのです。

それは世の中を変えるとか、世界を救うとか、そんな大それたものではなく、
ごく自然に「そうしたいから、目の前のことに取り組む」感覚です。

本当のあなたが起こす、ごく自然な行動が、結果として世の中を変えてしまう。
そんなとてつもないパワーを、あなたは秘めているのです。
いえ、真実を言えば、そのとてつもないパワーこそ、本当のあなたなのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

by YSカウンセラー 中里昌克

*「転職から天職へ」Vol.2はこちら / Vol.4はこちら / 記事一覧はこちら

【関連記事】
カウンセリングメニュー&ご料金
「YSカウンセリング お申込&お問い合わせフォーム」
YSカウンセリング 体験談一覧

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です