転職から天職へ(Vol.8)~あなたこそ奇跡~

全宇宙から授かった使命こそ、天命

私が当コラムで書かせて頂いているのは、転職と天職、そして天命についてです。
転職は就職先が変わること、そして天職は自分に最も向いている仕事のこと。
ここまではイメージして頂きやすいと思います。

では、天命とはいったいどのようなものなのでしょうか?
天命とは、文字通り天から授かった使命です。私たちの誰しもが天命を帯びていて、
天は常に私たちとともにあります。

天は、言い換えれば全宇宙のこと。完全完璧な永遠の生命と表現することもできます。
もしあなたが具体的に転職することを考えているなら、その前にあなたは一体
何をしたいのか、心の奥底を探って、天命を知ることが先決です。

天命を知ることで、あなたがこれから起こすべき行動や、天職とも言える仕事が
何かが明確になってくるからです。

私の天命の一つは、多くの方が天とともにあることを体感して頂き、さらには
ご自身の天命を知っていただくことです。この事実に、私の胸中には
とてつもなく大きな感謝の気持ちが溢れ出ています。

イヤなことこそ先生

私が自分自身やあなたの天命を追い求めたいと思うきっかけになっているのは
間違いなく自分の仕事経験、転職経験からです。仕事をもっと充実させたい、
自分らしい仕事をしたい、待遇を改善したいと、いわば自分の欲望で転職回数を
重ねてきました。今思えば、とてもわがままで周囲に迷惑をかける
考えかただったと思います。

かつて、自分自身が人材の採用業務を行っていたこともあります。
その時に他人の履歴書を見て感じたのは、あまりに転職回数が多いことは
マイナスポイントですし、キャリアに一貫性がなければこれもまた
印象が悪いということでした。

その視点で見ると、人の履歴書を選別する立場にある自分も転職回数が多く、
経験してきた仕事内容にも一貫性がありません。正直に申し上げますと、
自分のキャリア、つまり履歴書は、採用選考での突破力に欠けると思っていました。

しかし、それらの考えは、すべて自分の思い込みでした。なぜなら、
私は転職回数が多いことを大きなきっかけとして、自身の天命を知ったからです。

そう考えると、自分があれほど毛嫌いしていた「イヤな仕事」すら、
私を導く先生だったと気づいたのです。

嫌いだと思っていた上司も、売りたくないと思っていた商材も、すべては私に
貴重な経験を積ませ、レベルアップさせてくれた、美しい魂だったのです。

私はあんなに毛嫌いしていたのに、それにもかかわらず、私のことを導いてくれていた。
その事実に気がついたとき、それまで閉じていた心の扉が、あらゆる方向へ
放射状に開放されていきました。

みんな奇跡に向かって一貫している

私は両親のもと、この国に生まれて天命に沿った生き方に出会いました。
祖父は第二次世界大戦時、陸軍兵でした。祖父が生き残り、父を育ててくれたから
今の自分があります。

両親、祖父母、そしてさらに遡ると何千世代、何万世代前に地球に生きた
ご先祖様がいて、受けついだ命で今の自分があります。

人間に進化する前のほ乳類や、陸に上がる前の魚類、そしてもっと遡れば
単細胞生物であったとしても、ご先祖様には違いありません。

さらに言えば、私たちの命をずっと育んでくれたのは、いま私たちが住む地球です。
そしてもし太陽がなければ、さらに言えば宇宙がなければ、今の地球も私たちも
成立していないことになります。

使い古された言葉に聞こえるかも知れませんが、私たちが今ここに
こうやって存在できていることが奇跡なのだと、魂の底から感じられたのです。

それはつまり、この世のすべては奇跡でできているということ・・・。
この感覚を得たとき、自分の転職回数の多さや、キャリアの一貫性の無さを
ネガティブに捉える気持ちは吹き飛んでしまいました。

そうではなく、むしろその経験があって奇跡に出会えたのですから、自分のキャリアは
奇跡に向かって一貫した道を歩んでいたことに気づけました。

私が出会ってきた人、出来事、現象などのすべてが奇跡でした。
あなたこそが奇跡であり、全宇宙が奇跡そのものだということ。
この事実を認めれば認めるほど、感謝の心が溢れ出して止まりません。

お読みいただき、ありがとうございました。

by YSカウンセラー 中里昌克

*「転職から天職へ」Vol.7はこちら / Vol.9はこちら /記事一覧はこちら

【関連記事】
カウンセリングメニュー&ご料金
「YSカウンセリング お申込&お問い合わせフォーム」
YSカウンセリング 体験談一覧

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です