日出づる国の行方(Vol.11)〜真のコミュニケーションに目覚めよう〜

今回のコラムは、前回Vol.10からの続きとなるので、
まだご覧いただいていない方は、ご一読頂きたい。

 

悲しき現実

ハッキリと言わせていただきたいが、現代の親たちは”子どもと寄り添う”
という真の姿や意味を全くわかっていないと思われ、必要なレベルの
”コミュニケーション”も全く取れていないと思われる。
親、そして大人たちは気付かなくてはならない。

現代の親・大人たちは、人や地域・社会との関わり合い方も
歪んで見ている傾向が非常に強く、さらには誤解をしたまま
理解すらしようとしていないケースも多い。

非常に「閉鎖的」であり、「自己中心的」と言わざるを得ない。

特に、子どもを持つ親は「自分の子どもだけ良ければよい」
「自分の子どもだけできればよい」「自分の子どもだけ目立てばよい」等々、
親だけの身勝手なエゴや感情・思惑を子どもに”強制”して、
”満足・納得”しているだけにすぎないのではないだろうか。

あくまで「人(他人)なんてどうでもいい」という考え方に大きな歪みや捻れ、
問題が存在していることに気付かなくてはならない。

これでは”寄り添う”などとは言えないし言えるわけがない。
当然、コミュニケーションの「コ」の字も存在しない。

親たちはそのように思ってはいないのだろうが、結局は子どもにも
”寄り添って”などいないと言えるのではないか。

親の一方的な歪んだ愛情や感情を押し付け、子どもの様々な
「芽(可能性・将来・世界)」を勝手に摘んで(潰して)しまって
いるだけなのではないか。

もういいかげん、自分のことばかり考え、正当化するのはやめようじゃないか。

何でも人のせい、物のせいにするのはやめようじゃないか。

自分を認め、人を認めようじゃないか。

 

by マーケ・コンサル会社勤務/kazz

*「日出づる国の行方」Vol.10はこちら  / Vol.12はこちら  /   記事一覧はこちら
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←いつも1クリックありがとうございます!
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です