転職から天職へ(Vol.18)〜究極の生き方〜

天職天命と出会う

あなたには、天職に就くことが必要でしょうか?
必要だ、と感じる度合いが高ければ高いほど、
あなたの心が天職を求めている証拠なのでしょう。

天職を求めるためには、いろいろな職種を研究したり、
適性を探ったりすることも大事ですが、
一番必要なことは、まずは天命に出会うことにあります。

なぜなら、仕事とは、命があってこそ為されるものだからです。
天職は、天命との出会いを得てからのほうが、明確にしやすいのです。

天命と出会うための条件は、方法論としては簡単に語ることができます。
その条件とは、これまでの枠をはずすことにあります。

天命とは文字通り、天の命です。

天命がいったいどういった材料でできていて、どんな仕組みに
なっているのか、その全体像は僕にもわかりません。

仕事は、人生を左右する。
それにもかからわず、全体像はわからない。

「そんな曖昧なものに人生を預けられるか!」
と、思われるかも知れません。

そういったご意見はごもっともなのですが、
今の時代は、人々を天命に目覚めさせるようなうねりが
強く押し寄せてきているのも事実です。

民主化運動や経済問題は、一昔前まではひとつの国家や
それを取り巻く地域の問題でした。

しかし、インターネットの発達で情報が伝わる速度は速まり、
経済のグローバル化で、どこかの国や多国籍企業で問題が起これば、
それが直接世界全体に響くようになりました。

また、交通網の整備が進んだことで、物理的な距離も縮みました。
総じて、地球は狭くなったのだということができます。

この変化は急速で、変化の種を蒔いてきた人間のほうが、
その成長速度においついていけなかったのではないでしょうか。

そして、こういった時代に、僕たちはどのような視野を持って
仕事をしていくのがいいのでしょうか?

 

広い視野が、心の葛藤を和らげる

多くの人は、これまで自分の生活のために仕事をしてきました。
そして、愛する家族のため、会社のために仕事をしてきた人も
多いことでしょう。

さらには、地域のため、日本のために仕事をしてきた方も
いらっしゃると思います。

それで自分の心が納得していればいいのですが、
何か違う、もっと自分に合う仕事があるはずだ。
自分は、なんのために生きているんだろうか?
そんな葛藤が、あなたの心にはないでしょうか?

そのような場合は、自分、家族、会社、地域、日本を超えた、
さらに広い観点から全体を見ることで、心の葛藤が
和らぐ場合があります。

本来の心は、自分に天命があることを知っています。
しかし、後から植え込まれた価値観や思考習慣といった
見えないルールが、あたかも物理的な鎖として存在するかのように
人間の思考を制限しています。

このルールが、本来無限に広がっている人間の可能性を
封じてしまっています。ですので、そのルールに則って
心の中を見回してみても、天命を発見することは大変難しいのです。

繰り返しますが、人間の可能性は無限です。
枠をはずすことで、自らが無限だったと知ることができます。

それを知ったら、あなたはどうなるでしょう?
無限そのものとして、生きていくことになります。

それが、あなた本来の、天命であると言えます。
無限として生きていくとは、究極の生き方なのではないでしょうか。

無限として、究極として生きていく。
その上で行っていく仕事こそ、あなたの天職なのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

by YSカウンセラー 中里昌克

*「転職から天職へ」Vol.17はこちら /   Vol.19はこちら /   記事一覧はこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←いつも1クリックありがとうございます!
にほんブログ村

 

<関連ページ>
カウンセリングメニュー&ご料金
「YSカウンセリング お申込&お問い合わせフォーム」
YSカウンセリング 体験談一覧

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です