いつ何時でも、真我の実践を唱える

おはようございます、中里です。

佐藤康行先生の開発されたYSメソッドのなかに、「真我の実践」を唱えるというのがあります。

唱える意味合い、やり方についてはまた別の機会に触れますが、僕は主に、気持ちが晴れない時に唱えていました。

でも今朝方、そうではないことにきがつきました。

調子が良くてもその状況にあぐらをかいてはならないんですね。それ以上に、本当の自分、真我は素晴らしい。

だから、調子がいい時こそ唱えた方がいいのだと感じました。

真我のメンタルヘルスは、奥が深いです!

それではまた明日!

お読みいただき、あなたの時間、命、ありがとうございます!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ビッグプレゼント!以下の「過去は自由に変えられる」FaceBookページに「いいね!」をすると、あなたの「メンタルがドンドン輝く☆情報が、FaceBookのフィードから手に入ります!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です