真我「光」瞑想のやり方

こんばんは、中里です。

いま日本中、世界中の人々の意識改革に多大な影響を与えているのが書籍『真我』全集です。その著者である佐藤康行先生から、真我の読者の皆さんにスーパービッグなプレゼントがあります!

それが、佐藤先生が編み出した最新の瞑想法、真我「光」瞑想なのです。

この瞑想のやり方は真我全集の第9巻にて発表され、それから刊行された10巻以降にもやり方が掲載されています。以下にこの真我「光」瞑想を行う方法を記載しますが、瞑想するには真我の本の表紙が必要です。

ただ、第9巻で発表された瞑想法ではあるものの、第1~8巻でも表紙のデザインは共通していますから、それらの本であっても真我「光」瞑想を行っていただくのに何の問題もありません。

真我「光」瞑想のすごいところは、たった6分間で意識を根こそぎ変革してしまうところなのです。これぞ、時間・次元・空間を極限まで有効活用するメソッドを提供している佐藤先生の真骨頂であり、むしろこの瞑想を習慣化することで、佐藤先生への理解が進むのではないかと思います。

ぜひ、あなたも『真我』の本をお手元にご用意いただき、真我「光」瞑想を日常に取り入れてください。

まだ『真我』を入手されていない方は、全国の書店、またはネット書店アマゾンからお求めいただくのも一つの方法です。

スマホやパソコンの画面に表示された『真我』の表紙でこの瞑想をするのは問題かも知れません。そういった機器から発せられる光を直視し続けるのは危険であると言われていますし、僕も絶対にやめていただきたいと思います。

真我「光」瞑想のやり方

➀書籍の表紙を見えるように立てて、なるべく姿勢を正し、体を動かさないようにしましょう。

➁表紙の、光の部分に視点を合わせます。

➂光の部分を見つめたまま、心の中で「真我、真我、真我・・・」と繰り返し唱えます。これを3分間続けましょう。

➃次に、目を閉じて表紙の光の部分をイメージしながら3分間、先ほどと同様に心の中で「真我、真我、真我・・・」と繰り返し唱えます。

さぁ、あなたもこの瞑想を毎日の習慣にして真我をさらに開きまくり、人生を激変させ続けてください。

それではまた!

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です