宇宙銀行から「無限の融資」が下りる方法

おはようございます、中里です。
今日は、佐藤康行先生がおっしゃる「宇宙銀行」「宇宙からの融資」の話が非常に興味深かったので、マインドマップと要点のメモによって、皆さんとシェアしていきます。

まずは佐藤康行先生の動画をご覧ください。

いかがでしょうか?

マインドマップに表わすと、こんな感じです。

※画像ですと見づらいので、ぜひPDFをダウンロードしてご覧ください。

今回の動画を要約しますと、このような内容となります。

0:00 真我開発講座の受講生から、無数のご先祖様が脳裏に現れたという体験談が続々と寄せられている。また、現実にも1000万円、2000万円入ってきた方がいる。10店舗の店を引き取ってほしいとか。そういう例をバンバン現していく。

0:38 単なる仕事をやって得たお金ではない。あの世の仕事をしているから、あの世の人がちゃんとボーナスをくれている。いきなり1000万円、2000万円というのは、普通の仕事よりいい仕事をしていると見せなくてはだめ。最もこちらがたくさん給料をもらえるのだと。

1:21 人間がつくったこの社会は、絶滅に向かっているかも知れない。戦争兵器の生産工場で食べている人もいっぱいいる。

1:40 真我の目覚めは先祖代々みんなに届き、先祖代々の借金も返すとなった時、最もいい仕事をしているとなる。その時、最も給料が上がる。

2:20 銀行はお金を融資してくれる。それは、この人は成功するという前提だから。宇宙も同じである。宇宙も銀行だと思ったら、あなたがいい仕事をしたとき、また、その計画を出したとき、宇宙は無限ですからいくらでも融資してくれる。その融資は、本人に返していく。

3:13 宇宙から融資を受けて、それぞれが宇宙の株主のようになって、最も良きものに使っていく。

3:58 みんなが身内だとしたら、その人に入ったらうれしい。みんなが家族だとしたら、毎日のように嬉しくなる。喜びとしては同じ。私が100億あっても、どうせ使い道はない。

4:30 (宇宙銀行の)支店長が融資を出すか決める。その支店長がチューナー。その支店長と接続したとき、融資が下りる。だから、チューナーで宇宙とつながれば、いくらでも豊かになれる。

4:55 いきなり地球上が全部人脈、全部財産になる。それを全部活かしきり、認めることができたら大富豪どころではない。太陽と月を全部自分のものと言っても誰も怒らない。地球上の空気が全部自分のものと言っても、吸いきれない。

5:36 お金は、一番の目的は使うこと。だから稼ごうと思う。稼ぐためではない。稼いでアルコール依存になって早死にしたら、お金を使い方が自分を死に至らしめる可能性もある。

6:06 お金は使い方が大事。こういう風に使うんだと言って、初めて入れ物ができてそこにお金が入ってくる。

6:14 銀行は日本銀行からお金を借りている。元の元は宇宙銀行。宇宙銀行に全部備わっている。やり方も、資金も、こうなればこうなるという結論まで本当は全部宇宙銀行の中に備わっている。あらゆる無限な方針を選べる。無限な生み出し方もできる。どのチャンネルにあわせるかである。

 

いやー、とても興味深いですね。

では、具体的にどうすればいいのか?佐藤先生は、そのやり方を営業マン向けの本にまとめています。

その秘密が、この「真我第100巻 サンタさん営業 ドロボー営業」にあります。

『真我 第100巻 サンタさん営業 ドロボー営業』

それではまた!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です