NHK・ハートネットTVに出演、瀧本裕喜さんの「振り幅」がすごすぎる

こんにちは、中里です。

先日、NHK・Eテレに、「ひきこもり専門カウンセラー」の瀧本裕喜さんが出演されていました。瀧本さんは、ご自身も7年にわたってひきこもっていたのですが、見事にひきこもりから脱却して、今では反対に、ひきこもりの方を対象としたカウンセラーとしてご活躍されています。

その瀧本さんが出演されるとのことで観たこの番組が、なかなかに面白かったと言いますか、大変に興味深い方法で、ひきこもる人の側と、その親御さんの側とのコミュニケーションをとっていました。

VRとアバター技術を駆使して、ひきこもっている方の側、親御さん側の方々が、直接ではなくCGキャラクターの姿を介して対話するという画期的な方法です。

直接的には言えない、聞けない話も、アバターという一種の緩衝地帯をはさんだお蔭で、本音を知ることができ、お互いがどんな思いなのかがひしひしと伝わってきて、一般的なマスメディアがなかなか掘り下げていかない部分に食い込んだ番組でした。

その中で、瀧本さんが数カットですが、お母さまと一緒に出演されている、という構図です。

以下、瀧本さんご本人のツイッターを紹介します。

瀧本さんには、何年か前、マンツーマンでじっくりインタビューさせてもらいまして、当サイトでも大々的に記事を掲載させていただきました。

その記事がこちらです。
「ひきこもりからYSカウンセラーへ/瀧本裕喜さん」

今回の番組がなぜ私にとって興味深く感じたのか、そしてそもそも、なぜ瀧本さんにインタビューしたのか? それは、私もかつてはひきこもりの当事者だったからです。

とはいえ、私の場合、何年も何十年もひきこもったわけではありません。短い期間を何回か繰り返したのですが、最短で1か月、長くて半年ぐらいの期間だったと思います。

ひきこもった理由は、職場うつのような感じで仕事を辞めざるを得なかったことにあります。働けなくなって、精神が回復するまで数か月ひきこもる・・・というパターンを繰り返していました。

その時に感じていた思いが、今回の番組でVR出演していたひきこもりに悩む方々の話を聞いて、自分の心の深いところで共鳴しました。私は短い期間でも苦しかったのに、長くひきこもっている方、そしてそのご家族の悩み、苦しみを想うと、言葉になりません。

でも、ひきこもりには解決法が存在します。私はそれを世に訴えたかった。ひきこもり問題をこの世から一掃できると確信を得て、瀧本さんに登場いただいたのがこの記事なわけです。

また、私も瀧本さんとまったく同じ方法を用いたお蔭でメンタルが改善され、いまは至って普通に働くことができるようになっています。もちろん、もう二度とひきこもることはないと断言できます。

瀧本さんは、番組のなかでこうおっしゃっていました。

「その当時思っていたのは、両親がどう思ってたのかというよりも自分の生存領域を脅かされたらどうしよう・・・。

部屋に入ってきたら、刺す可能性があるくらい極限状態で・・・」

いかがですか?

「生存領域」である自分の部屋に親が入ってきたら、もう追い詰められて、どこにも行き場がありません。だから親を刺してしまうかも知れないという、かなりの極限状態だったわけです。

しかし、いま瀧本さんは親御さんと良好な関係を回復し、自分の部屋から出てきて、テレビに出演するくらい活躍しています。もう、ひきこもっていた時のメンタルとまさしく正反対なのです。このマイナスからプラスへの「振り幅」は、あまりにもすごすぎます。

テレビだけでなく色々なメディアからの取材を受けたり、出演していることを考えますと、むしろ普通の人より活躍しているくらいです。

これは、本当に奇跡ですよね!

前述の記事のなかにもありますが、瀧本さんがひきこもりを脱したのは、まずは親御さんが瀧本さんを見る目が変わったからなのだそうです。

「ひきこもっていた私に対して、両親からひきこもりが悪いとか、そういった態度、視線を一切感じなくなっていたからです。

あなたはそのままでいいよ、という雰囲気が本能的に伝わってきたんです。」

詳しくは上記のリンクからお読みいただきたいのですが、そのきっかけとなったのは、心の専門家である佐藤康行先生の本だったそうです。

瀧本さんは親御さんとの関係を改善させた時、同時にひきこもりをやめることができました。親御さんとの関係が改善したわけですから、もちろん、刺すなんてこともあり得なくなりました。

私も「今後、自分がひきこもることはあり得ない」と断言できるのも、佐藤先生がおっしゃる「心のメカニズム」を体感し、理解したことがきっかけでした。

このように、ひきこもりの解決には佐藤先生の提唱する方法論が大変効果があります。

その佐藤先生が、今月、12/26(土)に3時間のセミナーを行うそうです。しかも、主催は日本屈指、最大級の出版社、株式会社KADOKAWA(カドカワ)さんです。

当日、東京会場のお席(30名)は満員御礼となり埋まっていますが、Web参加もできるセミナーですので、ひきこもっている方やその親御さん、そして遠方の方も参加いただきやすいでしょう。

Logo_KADOKAWA.jpg
12/26(土) 13:00~16:00
「太陽の法則 基礎講座」ソウルメイトと出逢える編

◎Web(当日ライブ)参加はこちら

まずは、佐藤康行先生のおっしゃっていることを当日のWebライブで感じていただくことから始めてみてはいかがでしょうか?

また、佐藤先生が「ひきこもり」解決について講義をしている動画がありますので、こちらもチェックください。

とにかく、ひきこもりの解決は、早いほうがいいと思いませんか?ならば、佐藤康行先生とのご縁を持っていただくところからのスタートがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です