本物のメディアの役割は、情報伝達じゃない。

あなたは、巷にあふれる情報を受け取るだけになっていませんか?もしそうだとしたら、なかなか言いにくいのですが、本当に危機的な状況だと思ってください。

もう時代は変わりました。

もし、あなたが「時代は変わりつつある」、と思っているとしたら、それは周回遅れかも知れません。もう、否応なしに「変わってしまった」んです。そこがスタートラインです。「今からどんな時代になるか、勉強しよう」では遅いです。

情報を受け取るだけ、知識をストックするだけではだめなのです。例えば、テレビドラマを観て、「感動した!」「良かった!」「泣けた!」と思うだけで終わらせてはもったいないのです。

感動したなら、どんどんアウトプットして、世界の誰かと共鳴させて、行動し、発信する。そして同時に、情報をもらう。このサイクルです。意識をとばしあって、高め合って、メキメキとレベルアップしていく。そして、さらに脱皮し続けて、本物を獲得していく。

そのサイクルに入らないことには始まりません。1日1日では小さな歩みかも知れませんが、数年も経つとまるで雲の上と地上くらいの差になってしまいます。見えている範囲が、絶対的に変わってしまいます。

「でも、行動できない」
「何をしていいかわからない」

その気持ちもわかります。これまで通りの発想では、行動できないし、やるべきことも思いつかないでしょう。僕にも長く、そういう時期がありました。

でも、ご安心ください。あなたが本当の自分、真我を悟れば、状況は一変します。

あなたは、本当は行動できるのです。突き抜けているのです。本当は、最初から突き抜けきっているのです。世界中に、それに気づき出した仲間が大勢いるのです。

とてつもなくすごい自分、想像をはるかに超えた素晴らしい自分を知って、ものすごい人生を送ってください。あなたが真我に目覚め、すごい自分に気づき、たくさんの仲間と超絶な素晴らしい人生を送るまで、人生をナビゲートし続けます。

僕はこれが本当の、これからのメディアの役割だと思っています。

それに気がつくことができたのも、魂の救済者、佐藤康行先生のお蔭です。


『真我』 著:佐藤康行

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です