嫁姑戦争は、終えられる/多澤優さん:Earth特集4

あなたは今、人間関係に悩んではいませんか?

人間関係の悩みは、職場や家庭などいろいろな場面で考えられますが、
血のつながりがあったり、一緒に暮らしていたりすることから逃げ場がなく、
家族関係の悩みは深刻なものになりがちです。

10月下旬に発売される書籍、
『鬼ババアが仏の顔に変わった瞬間 ~世代を超えた嫁姑戦争が終わりを迎えた日』は、
深刻すぎてなかなか解決するのが難しかった家族関係の悩みが消えて、
家庭に幸せの光が射すまでの軌跡が描かれています。

この本を執筆した多澤優さんは、嫁姑問題をはじめとした複雑な家族問題と、
それに伴う深刻な心の闇を経験しながら、あることをきっかけに、
最悪の状況を一挙に好転させたのだそうです。

来月11月には『鬼ババァが仏の顔に変わった瞬間』の発売を記念して、多澤優さんの講演会が
長野で開催されますので、嫁姑問題、家族問題に直面されている方は、足を運んでみてください。
多澤さんから何かを直接感じ取る絶好の機会なのではないでしょうか?

*11月3日(土) 出版記念講演会の詳細はこちら

 

家族関係の悪化は実生活、そして人生への影響がとても大きいものです。
一歩間違えば、とりかえしのつかない事件にも発展しかねないことは、
テレビのニュースなどを見ても明らかです。

壮絶な嫁姑問題や、悪化の一途を辿っていた夫との関係を見事に好転させ、
その一部始終を余すことなく本にまとめた多澤さん。

多澤さんは、自身が苦しみから解放された方法を多くの方に伝えたいという、
その想いだけで原稿を書き上げたそうです。

今回は出版を間近に控えた多澤優さんに、出版される著書のことや
書かれた背景のことをなどを、詳しくお聞きしました。

■インタビュー1:救われた経験を、もっと伝えたい
インタビュー2人間関係を改善させるのは、愛
インタビュー3謙虚に生きたとき、問題は起こらない
インタビュー4:真実の愛に目覚めると、人生が好転する
■インタビュー5: 誰ともぶつからない、本物の世界がある(最終回

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です