サスティナブル社会を最速で実現する、行動管理法

おはようございます、中里です。

ここ数年、サスティナブル(持続可能)というキーワードが、注目を集めています。

実は昨日の記事「令和という、あまりに厳しい時代を生き抜くには?」で少しだけサスティナブルに触れ、もう少しつっこんで書いておく必要があるように感じまして、今回のこの記事へとつながった次第です。

社会的なキーワードに敏感なあなたにとっては釈迦に説法となってしまいますが、サスティナブルとは、地球環境を保全することと非常に重なるところがあります。

僕たちの家、地域社会、仕事、食べ物、水や空気など、それらは全部この地球上にあるので、それらを持続させようと思ったら地球のことを分けて考えられるはずがありません。

これからは、サスティナブルを意識せず、自社の利益しか考えられないような企業には、お客様も従業員も集まらなくなるでしょう。

なぜなら、社会の持続性、地球環境の持続性を断ち切ろうと振る舞う企業は、地球上にあると、最終的にはお客様にとってダメージになるからです。それは従業員にとっても同じことなのです。

反対に、これから本当に伸びる企業とは、サスティナブルを意識し、実行、実践する企業です。

そして企業とは人が動かすものですから、経営者や従業員はお客様のこと、地球環境のことを意識して、ビジネスを進めていく必要があるわけです。

あなたは、ネイティブアメリカンのある部族が「七代先の子孫のことを考えて行動する」という話を聞いたことはありませんか?

はるか昔から続いてきたこの考え方は、現代のサスティナブルとほぼ同じものだと言え、逆に言えばサスティナブルとは何も目新しいものではなく、もともと存在する当たり前の考え方のようにも感じます。

とは言え、現代の経済優先、利益優先のビジネスにおいて、サスティナブルを意識して仕事を進めることは可能なのでしょうか?

また、例えばあなたが現代の一般的なビジネスの在り方に疑問や憤りを感じていたとして、今すぐこの瞬間からサスティナブルな方向に舵をきることは可能なのでしょうか?

結論から述べますと、それらは全て可能です。

しかも、このたった一冊の手帳から、それが始められるのです。

書影
『魔法の高次元手帳 時間と高次元を同時に管理する』(著・佐藤康行)

この手帳のすごいところは、1日に1回、手帳をチェックするだけでどんどん行動が起こせていくところです。

詳しくは購入されてご覧いただきたいのですが、行動リストを作成しながら、その行動は「自分」のためか、「組織(家族)」のためか、「地球全体、すべてのお客様」のためかを考えていきます。

「自分」のために行動するのはダメだとか、「地球」のために行動するのがいいとか、そういうことではありません。

とにかく、この手帳に書いて毎日眺めたり、意識していくだけで、どんどん行動が起こせて周囲の人に喜んでもらえるようになっていきます。

結果として、この『魔法の高次元手帳』を使っていくことで、サスティナブルな人類社会の達成がかなり早まることになります。

サスティナブルな社会、持続可能な地球は、ただ夢想しているだけでは実現しません。より高い視点を得る、極めて現実的なツールのこの手帳を利用して、あなたの素晴らしい行動力を本格的に発揮する時がやってきたのです。

なぜ、そう言い切れるのか?

それは僕もこの手帳を使って、その行動リストに従ってこの記事を書いているからです。

この手帳に「ブログに記事を書く」と記入して、眺めていたらどんどん書きたくなり、いまこうやって実現しています。

あなたが自己実現していくだけで、地球環境が持続可能なものになっていくのです。これは、あなたにとって最高のことではありませんか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です